So-net無料ブログ作成

神様のカルテ [movie]

[晴れ]

[猫]
20110826203733.jpg

ご報告。

え〜、ひまわり、咲きました。
直径5cmぐらいの、ちっちゃいのが。
そんで
種がとれるまでそのままにしようと思ってたのに
頭が重すぎたのか
とちゅうでぽっきり折れちゃった><;。
というわけで
こういう状態でございます。

もう1コ、つぼみがあるから
それは折れないと良いな〜。
(支柱をすればいいんだよね。)






[映画]
んでんで。
公開初日の今日
見てまいりました。
「神様のカルテ」

以下、感想ですが
ワタクシは原作も読んでないし
櫻井さんが出ている映画に関する雑誌も読んでないので
まったく前知識がありません。
(見たのは、先日の嵐ちゃんと、食わず嫌いぐらいかな。
 あの「食わず嫌い」は笑った。
 櫻井さん、わかりやすすぎる!!
 あ、あと、櫻井さんからのメールも見ました。)
まっさらな状態で拝見しての感想ですので
思い違いがあればご指摘くださいませ。


ネタバレしてると思うので
見たくない人はご注意ください。







すごくよいお話でした。
終末医療や緩和ケアに関しては
理想が詰まってるお話だと思います。
(現実はどうなんでしょうか。)
見終わって、一番に思ったのは
「安曇さん、うらやましいな〜。」ということです。
あんなに病院スタッフに囲まれなくてもいいけど
(というか、あの屋上のシーンは
 スタッフがそんなにそこに集まって大丈夫なのか?と疑問その1。
 カステラ食べてるところもそうだけど。)
人生の終わりとして
魂が癒される感じが、素敵でした。
延命しないのも(ワタクシ的に)理想的。


御嶽旅館(こんな字だった?)に関しては
疑問がいっぱいあって^^;
オーナーは誰?(別に存在するの?)とか
欄干の赤ペンキ、橋板部分は乾いていたのか?とか
泰造さんの(役名忘れた)収入源は何?(仕送り?)とか
言葉遣いも相まって
あの場面は不思議ワールドでした。
(時代がわからなくなりそうだった。)


櫻井さんはね
何故、ヘアスタイルがあれだったのか?
無精なだけなら、あんなパーマあてなくても表現できたんじゃないか?
と思わずにはいられない^^;。
そして
医大の食堂のシーン。
後ろ姿に吹き出しそうになりました。
哀愁を漂わせるにはもってこいだけど
なに、そのなで肩^^;。
(思わず、要氏と比較してしまう。)


クスッと笑えるところも随所に散りばめられていて
ホロリとするところもあって
見終わったあと
気持ちがスッキリする
そんなお話でした。


先日のVSのゲストが加賀さんだったのをまだ観てないの
これから観るのがすごく楽しみになりました。
今日、これからのしやがれの柄本さんも
空気感が好きな俳優さんなので
期待大です^^。




あ!怪物くんの予告、見ました。
大野さん、可愛かった^^。
3Dで見る自信ないけど
(酔っちゃうから。)
公開、楽しみ♡



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

嵐会(3/20)とか映画とか。 [movie]

[雨]

[ビール]
風邪ひいた。
熱はないけど
鼻水がつらい・・・。
ティッシュの箱が手放せない。

嵐会で友達の家に行くのも
映画館に行くのも
ご飯を食べに行くのも
「鼻セレブ」(箱)持参。
アヤシい人です^^;。

嵐会、楽しかったな〜。
雑誌とか録画とか見ながら
うだうだ話ししてるだけだけど
楽しいね。

友達が
♪Believe 初回1
を、予約してて(内金も入れてて)
受け取りに行こうとしたら
そのショップが無くなってて(倒産ぽい)
「うぎゃ〜〜〜〜!!!」
ってなってたんだけど
問い合わせて、内金は戻って来たけど
ブツはもらえなくて
「初回盤なのにぃ!どこにももう売ってないよ〜!」
と言っていたら
友人の友人に別のCDショップの人が居て
非常用?にとっておいたのを
譲ってもらえたそうで
あ〜、よかったね〜。
ってことで落ち着きました。
めでたし、めでたし。



[映画]
映画館で「ワルキューレ」
DVDで「レッドクリフ1」
観ました。

三国志は
結局「三国志列伝」?とかいう
マンガでしか読めなかったんだけど
(横山版はずっとレンタルされてたから)
でもまぁ
「レッドクリフ」
を理解するくらいには役に立ったみたいです。
オモシロかった^^。

金城くん
声が吹き替えだよね。
そこが、ちょっと残念だったよ〜。


nice!(0)  コメント(2) 

グリーン・フィンガーズ [movie]

[曇り]

[映画]
グリーン・フィンガーズ
といえば

ココにいらっしゃる方は
「相葉ちゃんの舞台だ!!」

と思われるでしょうが^^;
(まぁ、ワタクシもそうですから。)

さっきまで
地元のTVで
「グリーン・フィンガーズ」(映画)

放送してたのですよ。
で、舞台は残念ながら行けないので
実験SPをリピしたい〜!という気持ちを抑えて^^;
観てみたわけです。


誰が主演なのかも全く知らず
見始めたら
クライヴ・オーウェンが!!!

え?主役?
相葉ちゃん、この人の役、やるの?
(うわ〜、渋みが・・・・。)
などと、
最初はそんなこと考えながら観てたのですが
・・・・・

オモシロい〜〜〜!!
このお話、好きっ♡

最近、プリズンブレイクとか
刑務所モノばっかり観てる気がするけど^^;
これは、殺伐してなくてほっこりするお話でした。

庭師、いいなぁ。
花の世話できるって憧れる。
(ワタクシはすぐ枯らしてしまうので。)


んで、クライヴ・オーウェンがまた、かっこいい♡
今、目の前に「インサイド・マン」のDVDがあるんだけど
これも、渋かったんだよね。
(この映画も好きなんです。)
クライヴという人は
殺し屋をやろうが、銀行強盗をやろうが・・・
なぜかいい人に見えちゃうんだなぁ。
(「キング・アーサー」はちょっとイメージ違ったけどね。)
不思議。

しゃべり方もすごい落ち着いてるし
渋過ぎる。
間違っても「ミラーマン」にはならないと思う。
(てか、相葉ちゃんと比べるな^^;。)



宮田さんがどんなふうに
この映画を舞台化するのか興味わいてきました。
映画のままじゃ、相葉ちゃんとイメージ違うし
いろいろ変わるような気がする。
プリムローズ役は誰なのかなぁ。
(どっちにしても行けないけど・・・チケないし。)


もし
舞台に行かれる方で
映画も知ってる方がいらっしゃいましたら
どんなふうだったか
感想お願いします^^。



あぁ、それにしても
掃除で久々に筋力使ったから
腕が筋肉痛だ・・・・。

VSやら実験やら少クラやら
書くことはいっぱいあるけど
また後日^^。



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

ハチミツとクローバー [movie]

[晴れ]

[TV]
食わず嫌いはイクナイ。

あらためて、そう思いました。


公開当時
ハチクロ原作ファンのIちゃんが
「映画、オモシロかったよ!
 翔くん、竹本くんに合ってた。泣き顔はぶさいくだったけど^^;。」

って言ってくれてたんですが
なにしろ、普段から
恋愛ものを観る機会がなくて
ず〜〜〜っと、観てなかったんですよ。
(もちろん、原作も読んだこと無い)

んで、先日
NHK BSでやってたのを
とりあえず録画してみたわけです。


オモシロいじゃないですか^^;。


なにしろ
ワタクシの好きな俳優さんたちが大量に出ている♡
堺さん、加瀬くん、田辺さん(写真だけです^^;)、獅童さん、池田さん(一瞬)など。
(すいません、伊勢谷さんは演技してるとこ初めて見ました。)
こんな人達と一緒に、翔くんは映画をやってたんですね〜。
(て、今更何を・・・・・。遅過ぎるし。)

翔くんのベストショットは
寝顔。
最初の方のシーン。
あれが一番可愛かったね。

ワタクシの見落としかもしれないんだけど
竹本くんが何科の学生なのかまったくわからなくて
途中まで
「なんか、お城ばっかりつくってんなぁ・・・。
 そんな趣味ばっかりやってて、大丈夫なんだろうか?」
って不思議に思ってたのですが
真山くんが「建築科」ってのをみて
「あ、美大で建築科もありなのか。」

やっと納得できました。

竹本くんとはぐちゃんとのやりとりは
とにかく可愛くて
ほっこり♡

脚本が河原さん、ってとこで
すでにオモシロいんだけど

にゃんざぶろうがしゃかりきで踊ってて
「キレがあるなぁ」
って言われてるとことか
花本会で
「巨大な奈良漬け」って言われてる山田さんとか

笑えるとこもいっぱい^^。

あとは、
堺さんと翔くんのやりとりも
とにかく可愛いことが多くて
ヨカッタな〜♡

あ、もちろん
架空で刑事に尋問受けてる真山くんもオモシロかった^^。

気になったのは
お風呂につかってる竹本くんが
浜田大明神(@ジャンクスポーツ)に見えるところ。
浜ちゃんと翔くんって
共通点あったっけ?
う〜む。


翔さんの泣き顔。
覚悟してたけど
そんなにブサイクでもなかった^^;。
(もっとひどいの・・・たとえばスカイダイビングみたいの・・・想像してたよ^^。)
でも、NHKもひどくて
何も最後のクレジット写真
その泣き顔にしなくてもいいじゃん!!
(もっといいショットがあっただろう・・・。)

おわって
マサムネくんの声は心地よかった^^。
そのあとの嵐くん達は・・・・・
う〜〜〜ん、微妙。
あのね
続けてじゃなければ気にならなかったけど
直後だとやっぱ差がついちゃう^^;。


原作
今度借りてこようかな。
読みたくなっちゃった。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

花より男子 ファイナル [movie]

[晴れ]

[映画]
すっかり
感想を書くのを忘れていました^^;。
(魔王番宣やら北国遠征やらで、とっちらかってた頃に観に行ったので・・・。
 ここでは、ネタバレはしておりません。)

確か
7月9日に観に行ったのです。
北の大地遠征から戻った、
翌日の水曜日。

一緒に行ったのは
仁担のMAさん。
ワタクシが誘ったのではなく
彼女に「他に一緒に行ってくれる人がいないの!」と
同行をお願いされましたので・・・^^;。
(まわりに、花男ファンがいないらしい。)

まぁ、いいですけどね。
どうせ行くつもりでしたし。

前売りを買って準備万端だったのに
日程調整したら「水曜日しか行けない」ことに気がつき
レディースデーじゃん!1000円じゃん!
前売りの方が高いよ!

だったのですが
しょうがない。
2人のスケジュールをあわせると、その日しか無いんだもん。

my car 車検中につき、代車の緑のPOLOで近くのワーナーマイカルシネマズへ。
朝イチの回を狙っていったのですが
(2人のスケジュールの都合上^^;)
なにしろレディースデー!
チケ売り場は、老若女性の行列!
ひぇ〜!
問題は
「花男F」スクリーンの空席はあるのか?
でございます。
MA「もし、いっぱいでダメだったら、スピードレーサー見るからね。」(←仁担)
ワタクシ「えっ?それだったら、私は『ナルニア・・・』見る!」
はははははは。
結果、
それは杞憂に終わり
無事、「花男F」を最後列で観ることができました。


感想。

いや〜、道明寺は純粋でステキですね。
きゅ〜んとくるセリフは
きっと皆様と同じだと思います。

それでね
「別に、テレビでDVD観りゃいいじゃん。」
と宣った輩が居たのですが

いや!
あの映像は、映画館で観るべき!

特にアメリカロケの映像は
スクリーンで観た方が良いっ!

一番のおススメは
ベラージオの噴水。
「オーシャンズ」でも映像はあるけど
「花男F」の方が
断然スゴい。
美しいですね。

最後に流れる
♪One Love
も感動的〜・・・♡

だた。
ひとつ気になったことが。

南の島に
クマはいない
と思うんですけども^^;。
(フィクションだからいいんですけどね。)
ふへへへっ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

陰日向に咲く [movie]

デパ地下へ。
妹が「チョコ(義理)を買いたい」というので
ついていきました。
ワタクシには「バレンタイン」の習慣など無いので
(お菓子会社の謀略だと思ってるから^^;)
すっかりそんな日のことは頭に無かったのですが
行ってビックリ。

平日なのに
あんなに人がいるなんて!!

まぁ、この時期にしか買えないブランドもあったりするので
自分用に、ってのはわからんでもないけど、
ワタクシ最近、
そんなにチョコ恋しくも無いし・・・。

あ!チョコポテトは恋しい^^;(←安あがり♡)
冷蔵庫に常備されてるの。
てへっ。


陰日向に咲く。
見てきました。

原作は読んでません。
まったく、フリーの状態で見ました。

登場人物がすべて出てきた時点で
先が見えました。

見えなかったのは、アニ(塚本くん)のくだりかな。
ここ、油断してた^^;。

さすがに岡田以下、みなさん説得力のある演技です。
泣かせるところは、ホロリとなります。

でも・・・・・
感情移入できなかったんですよね〜。

誰にポイントを置けば良いのかわからなくて。

細かいところもやたらと気になっちゃうし。

「ジュピター」って男神の名前だし。

前列の男性は号泣してるし・・・。

ワタクシにはあんまり向いてなかったなぁ。
ってことで。

岡田はやっぱ、SPです。

あ!
劇場内のおっきなポスターは
「スシ王子」「クロサギ」「隠し砦の三悪人」
と『ジャニーズ祭り』状態でした。

「隠し砦」の予告も見ましたよ。
撮影、めちゃめちゃ大変そうですね〜。
予告の画面、モノクロっぽかったんだけど
本編もそうなのかな?
暗い画面って
ちょっと苦手なんだけどなぁ・・・・^^;。

潤くんは見たいが・・・・・ジレンマです。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

鉄コン筋クリート [movie]


ここ数日で観たDVDは
*レインメーカー
  若かりし頃のマット・デイモン出演の作品。
  やっぱり、かわいいなぁ。
  お話も大変よくできていて、楽しかったです。
*オーシャンズ13
  何度見てもオモシロい♡
  マットは老けてるけど^^;。
*舞妓haaaaaan!(←aの数はあっているかわかりません)
  うははははははは。
  笑った♡


今日観たのが
*鉄コン筋クリート

松本大洋氏のマンガが原作です。

その原作を読んだのは6年ぐらい前。
映画化に当たって、また読んで
でも映画館には足が向かなくて
やっとDVDを借りてきました。

なぜ足が向かなかったか、というと
原作が
私にとって、かなり難解だったから。

感情は理解できるんだけど
状況が正確に把握できない。

それで、映画を見るのに
二の足を踏んでいたのです。

で、今日見た感想。

アラ、わかりやすい♡

あとは、原作ほどグロテスクではない。
でも、絵の風景などは
原作に忠実で
キレイでした。

シロの声は蒼井優ちゃんで
もぉ〜、シロにぴったり♡
クロや、沢田(刑事)とのやりとりが
かわいらしくて
ぎゅ〜っとしてあげたいくらい。
「あんしん、あんしん。」
が、作品に満ちていました。

クロはニノ。
想像よりも、ちょっとオトナっぽいクロでした。
(まぁ、実際のところ、ニノはクロよりかなりオトナだし。)
クロのエキセントリックな性格の表現に
 シロと居る時は抑えめに
 逆に、暴力的なところでは爆発させる
みたいな
メリハリがあったのかな
と思います。
ラスト周辺は
ニノの作品への愛情が伝わってきて感動的でした。

クロがシロを選んでくれてヨカッタ♡
人間は、清濁併せ持つ生き物ですからね。

時間があったら
もう1回観ようと思います。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ボーン・アルティメイタム見たよ。 [movie]


ここは、嵐君たちのことをメインに書いてるので
この映画の事は「どうしようかなぁ・・・」と思ったのですが
ま、先日
<マットと嵐君たちが似ている>
と、無謀な意見も述べたことですし
いいかな。

まぁ、カッコいいんですわ。
ジェイソン・ボーンが。
smart(本来の意味)で cool!
そんでもって、強い!
(でも、無駄に人を殺したりはしないんですの。)
自分たちで作り出したくせに
なんともできないCIAが、マヌケに見えるくらい、強いです。
そして、カーアクションは3部作中で一番豪快ですね。
まばたきできませんでした。
最後のほうのセリフにカッコいいのがあって
「お前に殉職の栄誉は与えない」
って、きゃぁ〜〜〜〜!
ですよ。
戸田さん、スバラシイ!

オモシロかったっす。
半年後にDVDが我が家にやってくるのは間違いなく
ステキなマットに
どっぷり浸ろうと思います。

で、恒例
☆嵐君たちがボーンをやるなら?
を考えてみたのですが
あまりのアクションのすごさに
これは、さすがの嵐君たちでも想像(妄想だけど)がつかないので
吹き替え、限定で
 大野智=ジェイソン・ボーン
いかがですか?

ヴィーヴィー↑生誕の日まで1週間。
お祭り、開催しようかな〜。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

花よりもなほ [movie]

花よりもなほ
DVDで拝見致しました。

ラストのオカダくんの笑顔が良かったです。
子供たちも可愛らしくてほのぼの。
「仇討ち」という人の生死に関わる重いテーマを
厭味なく翻意させる、素敵なお話でした。

俳優陣がこれまた個性的。
古田新太、キム兄、香川照之、千原兄、ダチョウ上島、平泉成、國村隼
石橋蓮司、原田芳雄、中村嘉津夫、遠藤憲司、浅野忠信
&寺島進(ムーさん!)
そこに宮沢りえちゃん、田畑智子ちゃんというキレイどころが華を添える。

んで、見たことないけど「イイ男」がでてるなぁ・・・と思っていたら

なんと!
加瀬亮くんではありませんか!!

えーっ?
「硫黄島・・」の会見とかで見る加瀬君とちがくない?
(いや、普段「イイ男」じゃない、っていうイミではなくて・・・)
着物&長髪って新鮮だなぁ。
スラリとしてるし、ああいう流れ者っぽいのもいいねぇ。

ニノも長髪&着物の役、来ないかな?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「硫黄島・・」近づいてきたね。 [movie]

「硫黄島からの手紙」12/9公開です。
日本武道館でワールドプレミアも行われ、
ニュースやワイドショーでクリント・イーストウッド監督やキャストのみなさんが
映画について熱く語っております。

われらがにのちゃんも、キャストの一人であります。(ぱちぱち)
映画についてまじめに語るにのちゃんはとても素敵なのであります。
インタビューもいろいろ受けてましたね。
共同のインタビューでは、監督をコンサートにお誘いしてみたり
(おそるおそる・・・の表情がカワイイです)
加瀬君がお母さんに「二宮君を見習いなさい!」と言われたとか
話題になってましたね。

これからもいろんなインタビューがあると思うんだけど、いまのところ一番面白かったのは
<オスカー(助演男優賞)候補だと言われてるのはなぜだと思う?>
みたいな質問をされて
ニノ「それはねぇ、やっぱりジャニーズですから・・・・顔!じゃないですか?」
・・・・・・・・・・
腕、上げたね。
さすが爆笑王。
隣の加瀬君もびっくりしてたよ。
でも、このネタで笑いが取れるっていうのは
うれしいような悲しいような・・・複雑なキモチです。
「顔」じゃなくても、全然いいんだけど。

ま、アメリカでも評判良いらしいですし(公開早くなったしね!)
ほんとにオスカー獲れるといいねぇ。
ひとつ心配なのは・・・ニノ演じる西郷は妻がいるんだけど、
結婚してることを、観客に理解してもらえるのか?
ということですね。
なんてったって、韓国でも11歳ですから、
欧米人には・・・何をかいわんや・・・。
いや、ほんと、かわいいって。
がんばれ、にのちゃん!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。